EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
日本政策投資銀行、東レに「環境格付」融資を実施、最高... 
次の記事へ
 件数:28772件
 新着順に表示
 18-25件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.11.07  情報源 | 企業  カテゴリ | エコビジネス >> 環境ラベル
日本政策投資銀行、東レに「環境格付」融資を実施、最高ランクと特別表彰を付与
 日本政策投資銀行(DBJ)は、東レに「DBJ環境格付」融資を実施した。最高ランクとなる「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」の格付けと併せて、特に優れたモデル企業だけが該当する特別表彰を付与した。東レが「グリーンイノベーション製品」として展開する環境配慮型製品の販売拡大の取り組みなどを高く評価した。

 東レが最高ランクを取得するのは2年連続となる。2011年に始めた長期経営ビジョンで持続的な収益増を目指す中、中期経営計画の見直しに合わせて定めた新CSR企業の社会的責任)ロードマップで重要課題を再特定し、新たに水処理貢献量の重要達成指標(KPI)を設定するなど、経営戦略とCSRの融合を進めている点が認められた。

 原材料調達から生産、流通、使用、廃棄までの環境負荷を定量評価する手法のライフサイクルアセスメントなど、独自基準でグリーンイノベーション製品を定め、売上高とCO2削減貢献量の拡大を定量的な目標として打ち出している。加えて、研究開発費の重点配分を含め同製品の成長戦略を分かりやすく開示していることが評価された。

 グループ企業でサプライチェーン(供給網)の管理を含むCSR施策を浸透させようとしている点も認められた。東レは今回の格付けと受賞を弾みに、今後も社会的課題の解決を図る活動を推進する。DBJ環境格付は、DBJが開発した格付けシステムで企業の環境経営度を評点化して優れた企業を選定し、得点に応じて融資の条件を設定する。

【東レ株式会社】

記事に含まれる環境用語 |
CSR
環境負荷
企業の社会的責任
プレスリリース |
http://www.toray.co.jp/news/others/detail.html?key=85A4A4381B7BA850492581D1001B74E5

ページトップへ