EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
平成30年度認定鳥獣捕獲等事業者講習会を開催     
次の記事へ
 件数:29566件
 新着順に表示
 25-32件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.08.07  情報源 | 環境省  カテゴリ | 自然環境 >> 野生動植物
平成30年度認定鳥獣捕獲等事業者講習会を開催
 環境省は、鳥獣の捕獲等に係る安全管理体制や従事者の技能及び知識が一定の基準に適合していることについて、都道府県知事の認定を受ける意向のある鳥獣捕獲等事業者の従事者等を対象として、「安全管理講習」及び「技能知識講習」を東京都内で開催する。
 
 また、これらの講習については、一定の条件(環境省の作成するテキスト等を使用して実施要領に従って適切な講師を選定して実施する等)を満たした場合に、鳥獣捕獲等事業者が自ら開催することや、外部の団体が実施することも可能であり、今回の講習では、併せて、今後講習を開催する意向のある鳥獣捕獲等事業者等において講師を務める予定の者を対象として、講習実施に当たっての簡単な注意事項の説明も行う。

 対象者:
  認定を受ける意向のある鳥獣捕獲等事業者において鳥獣の捕獲等に従事する者、
  事業管理責任者となる予定の者、講師を務める予定の者。
  (狩猟免許を有し、2日間の全カリキュラムに参加可能なこと)

 日程等:
  9月26・27日(水・木)
  ハロー貸会議室虎ノ門 3F(東京都港区虎ノ門)
  9月14日申し込み締め切り
 
 参加申込方法等詳細はプレスリリース参照。


【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
カリキュラム
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/105820.html

ページトップへ