EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ、中央アメリカ地域における森林再生を支援    
次の記事へ
 件数:10981件
 新着順に表示
 4-11件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.05.08  情報源 | ドイツ  カテゴリ | 地球環境 >> 森林の減少
ドイツ、中央アメリカ地域における森林再生を支援
 ドイツ連邦環境省(BMU)のフアスバース事務次官は、グアテマラで開催された第4回南アメリカ・ボン・チャレンジ会議に出席した。中央アメリカ地域やカリブ地域では、ボン・チャレンジが積極的に進められており、中央アメリカ地域は、2020年までに、劣化した森林1600万ヘクタールの再生を目指すことを約束している。ラテンアメリカ地域全域では、合わせて5600万ヘクタールの再生を目指すとしている。フラスバース事務次官は、「1世紀に渡り世界各地で行われた森林伐採により、今後1世紀に渡り森林の保全と再生の実行が余儀なくされている。森林の保全と再生は、生態系に必要なだけでなく、経済においても重要である。ドイツ政府は中米諸国における森林再生を支援しており、今後、EUによる支援を望んでいる。我々は、先の採決で2000万ユーロの支援を行うことを決定した」と述べた。世界中では、32億人の人々が土壌劣化の影響を直接受けており、さらに、景観の質の劣化や生態系サービスの低下が問題になっている。生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)は、森林再生の便益は費用の平均10倍と経済的合理性があり、一方で対策を取らなかった場合は、森林再生の費用の3倍の費用が必要となると報告書している。【ドイツ連邦環境省】
記事に含まれる環境用語 |
景観
生態系
生物多様性
プレスリリース |
https://www.bmu.de/pressemitteilung/deutschland-hilft-beim-wiederaufbau-von-waeldern-in-zentralamerika/

ページトップへ