EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ 自転車発電による映画上映会を開催      
次の記事へ
 件数:11172件
 新着順に表示
 13-20件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.09.21  情報源 | ドイツ  カテゴリ | 環境行政 >> その他(環境行政)
ドイツ 自転車発電による映画上映会を開催
 ドイツ連邦環境省のフラスバース事務次官は、ベルリンにて開催された「気候行動映画」の上映会に参加した。これは、10台の自転車発電機による電力で気候保護に関する短編映画を上映する教育プロジェクトであり、映画は、脚本のアイデアコンテストを経て、バーベルス映画大学の若者や映画・メディア部門の専門家が共同で制作した。アニメ、トリック映像、おとぎ話、ドキュメンタリーまで、様々な内容の映画を公開しながらドイツ全国の15都市を巡ったのち、最後の放映地としてベルリンに到着した。若者層を気候保護や持続可能な交通への関心を喚起することを目指しており、フラスバース事務次官は、「気候保護には、エネルギーシフトだけでなく、交通シフトも必要であり、このプロジェクトを通じて、自転車による可能性を示す」と述べた。【ドイツ連邦環境省】
プレスリリース |
https://www.bmu.de/pressemitteilung/flasbarth-tritt-in-die-pedale-im-klimaaktionskino/

ページトップへ