EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ブルキナファソとマリ、スールー川流域をアフリカで4番目...
次の記事へ
 件数:11424件
 新着順に表示
 108-115件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2019.01.22  情報源 | 国際機関  カテゴリ | 地球環境 >> その他(地球環境)
ブルキナファソとマリ、スールー川流域をアフリカで4番目の「国境をまたぐ湿地」に指定
 ラムサール条約によると、ブルキナファソとマリの政府が、両国にまたがるスールー川に沿った2か所のラムサール登録湿地を新たに「国境をまたぐ湿地」に指定し、共同で管理することに合意した。新たな登録湿地は合わせて7万7000ヘクタールとなった。国境をまたぐ湿地の指定はアフリカでは4番目となる。スールー川流域はスーダンサバンナの植生が広がる、両国が共有する最も重要な湿地の一つである。シアーバターノキやカバ、コキジバトなど、絶滅が危惧される多くの動植物のほか、多数の水鳥も生息する。スールー川はこの地域の大規模水域の一つで、地下水の涵養や気温の安定化によって耕作を可能にしている。両国は食料確保のためこの谷の農業生産を促進してきたが、2010年にIUCNがスールー谷の自然資源を評価したことで、その経済価値についての意識が高まり、同地域に関する計画や政策が改善された。条約事務局は両国のこの決定を歓迎し、今後の共同管理の成功を祈念するとしている。【ラムサール条約
記事に含まれる環境用語 |
ラムサール条約
安定化
植生
水鳥
地下水
プレスリリース |
https://www.ramsar.org/news/burkina-faso-and-mali-declare-the-sourou-valley-as-a-transboundary-ramsar-site

ページトップへ