一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

国連環境計画、2019年アジア環境執行賞の受賞者を発表

【発表日】 2019.11.07 【情報源】 国連 【環境一般 その他(環境一般)

 国連環境計画UNEP)は、国境を越えた環境犯罪の取り締まりに多大な貢献をしたとして、中国、インド、インドネシア、ラオス、シンガポールの税関職員、法執行官らに2019年度アジア環境執行賞を授与すると発表した。同賞はUNEPが国際刑事警察機構(INTERPOL)等と協力し、ノルウェー政府の支援の下、環境犯罪との闘いに秀でた政府関係者・機関等に授与している。環境犯罪は、麻薬密輸、偽造、人身売買に次ぐ4番目に大きな違法行為で、野生生物等の不法取引、オゾン層破壊物質の密輸等による貨幣換算額は年間最大2580億ドルに上ると推定される。4回目となる今回は、協調性、影響力、革新性、一貫性、男女機会均等の各部門での成果が称えられ、インド・ネパール国境で違法なトラ取引ネットワークに属し11件のトラ密猟で指名手配中の犯人を逮捕したインド・ダドワベンガルトラ保護区担当責任者、国境検問所を強化し野生生物の密輸行為を特定する革新的手法の導入で大量の象牙品を押収した中国海関総署密輸取締局等の5受賞者に授与される。【国連環境計画

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース