EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
水俣病問題の社会的・歴史的意味を検証する懇談会を設置  
次の記事へ
 件数:30358件
 新着順に表示
 23357-23364件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2005.04.22  情報源 | 環境省  カテゴリ | 健康・化学物質 >> 公害予防/被害
水俣病問題の社会的・歴史的意味を検証する懇談会を設置
 小池環境大臣の私的懇談会「水俣病問題に係る懇談会」が新設され、その第1回会議が平成17年5月11日に環境省会議室で開催されることなった。
 この懇談会は、水俣病の未認定患者45人が国と熊本県に賠償を求めた「水俣病関西訴訟上告審」で、水俣病の被害拡大に国や県の行政責任があったとする最高裁判決が16年に下されたことや、18年が水俣病が公式確認されてから50年めにあたることを踏まえ、新設されたもの。
 過去の反省を含めた水俣病の経験と教訓を後世に引き継ぎ、国内外に発信していくために、水俣病問題が持つ社会的・歴史的意味などについて包括的検証を行うとともに、これからの取組みについて助言を行う。
 なお、委員は元文部大臣の有馬朗人氏、前水俣市長の吉井正澄氏、元最高裁判所判事の亀山継夫氏、胎児性・小児性水俣病患者の小規模授産施設ほっとはうすの施設長・加藤タケ子氏ら10名。【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
水俣病
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=5916
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
水俣病への新対策発表 未認定患者への医療費全額支給に (EICネット 国内ニュース)
水俣病関西訴訟最高裁判決についての環境大臣談話を発表 (EICネット 国内ニュース)
関連リンク
14年度文部科学省委託調査  知ろう! 応援しよう!元気印のボランティア活動 共同作業所 ほっとはうす(熊本県水俣市)
熊本日々新聞 水俣病百科(動向)
水俣病センター相思社(水俣病入門など)

ページトップへ