一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)の愛称は「いぶき」に決定

【発表日】 2008.10.15 【情報源】 環境省 【環境一般 調査/研究

 宇宙航空研究開発機構、国立環境研究所及び環境省は、共同プロジェクトとしてこの冬に打ち上げる予定の「温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)」の愛称を『いぶき』に決定したと発表した。
 愛称の募集は平成20年7月10日から9月10日まで行われ、10,000件を超える応募結果から、『いぶき』が有効応募総数の中で高い割合を占め、多くの支持を得た愛称であること、「地球の息づかい(息吹(いぶき))である二酸化炭素を観測する衛星」という意味合いを込めた提案理由が多くあり、GOSATのミッション内容を正確に表現していること との理由から、(独)宇宙航空研究開発機構において選定された。【環境省】【国立環境研究所】【宇宙航空研究開発機構】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

「温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)」の愛称を募集(国内ニュース)

温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)を利用した研究を公募へ(国内ニュース)

関連リンク