EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ 連邦と州が協同で有害物質情報ポータルサイトを開設
次の記事へ
 件数:10210件
 新着順に表示
 3750-3757件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.09.20

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国立環境研究所では、2011年3月11日の東日本大震災以降、国や地方自治体、大学や関係機関と連携して様々な被災地支援の研究活動を行ってきました。その取り組みは、長年培ってきた環境研究の知識と経験をもとにした「災害環境研究」という新たな分野として位置づけられ進めてきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2009.05.28  情報源 | ドイツ  カテゴリ | 健康・化学物質 >> 有害物質/PRTR
ドイツ 連邦と州が協同で有害物質情報ポータルサイトを開設
 ドイツ連邦環境省は、5月28日、州政府とともに、有害物質情報に関するポータルサイト「連邦及び州政府の有害物質に関する協同情報提供サイト」を開設したことを発表した。
 このサイトでは、6万種類の化学物質と32万5000種の合成物質について、物理的、科学的、毒物学的パラメーター、また、環境保護、消費者保護、災害保護、労働者保護の視点から必要な情報を提供している。このような情報は、これまで、様々な情報提供機関が個々に情報提供をしている状況にあった。
 このポータルサイトは、ドイツ語圏最大の有害物質データバンクである。例えば、警察機関は、有害物質を乗せた輸送車の事故に係るリスクを、迅速に、そして確実に取得することができる。また、環境担当機関が、施設監査や雇用者保護に必要な情報、また、有害物質の取り扱いや処理方法について必要な情報を得ることができる。【ドイツ連邦環境省】
記事に含まれる環境用語 |
有害物質
プレスリリース |
http://www.bmu.de/pressemitteilungen/aktuelle_pressemitteilungen/pm/44156.php
関連情報 |
関連リンク
ポータルサイト「連邦及び州政府の有害物質に関する協同情報提供サイト」

ページトップへ