EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
EU バイオサイドの安全性強化 新規則提案      
次の記事へ
 件数:10082件
 新着順に表示
 3590-3597件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.05.19

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 地球温暖化などの気候変動対策は、グローバルな問題として国際社会または国全体レベルで進められていますが、基礎自治体や地域コミュニティレベルにおいても環境負荷軽減の取り組みは不可欠であります。また、東日本大震災を教訓に、地域においても通常時、緊急時を問わず確保できる「自立・分散型エネルギーの導入」などによる災害に強い地域づくりが求められています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2009.06.12  情報源 | EU  カテゴリ | 健康・化学物質 >> 有害物質/PRTR
EU バイオサイドの安全性強化 新規則提案
 欧州委員会は、6月12日、EUで流通し、使用される殺生物剤(バイオサイド)の安全性を強化し、承認手続きを簡素化する提案を行った。既存のEUバイオサイド指令を廃止し、新たにEUバイオサイド規則を制定する。
 本提案では、最も有害な物質、特に発ガン性や生殖毒性のあるものを段階的に廃止。懸念の高い特定の物質を含む製品については、包括的な評価の対象とし、安全な製品だけが市場に残るようにする。
 また、既存の法令の対象になっていない、バイオサイドの使用されている家具及び繊維のような製品について、新しい規制を導入する。リスクに関する表示により、消費者は情報に基づいた選択ができるようになり、子供やアレルギーのある人を保護できるようになる。
 欧州委員会では、現在REACH制度を担当している欧州化学物質庁(ECHA)が、一定のバイオサイド製品について、承認やリスク評価に関する調整を行うよう提案している。なお、その他、ほとんどのバイオサイド製品は、EU加盟国によって承認される。既に承認されている物質については相互承認するなど、手続きの簡素化も図る。
 新たな規則は、2013年に施行の予定。【欧州委員会環境総局】
記事に含まれる環境用語 |
リスク評価
生殖毒性
プレスリリース |
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/09/913&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
フランス バイオサイド製品の検査強化に向けて(海外ニュース)
ドイツ連邦内閣 バイオサイド令を決定(海外ニュース)
関連リンク
バイオサイドに関するEUの政策
欧州化学物質庁(ECHA)
バイオサイドに関するQ&A

ページトップへ