EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ 日焼けサロンでの未成年への紫外線照射を禁止  
次の記事へ
 件数:10438件
 新着順に表示
 3421-3428件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.02.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2016年11月4日にパリ協定が発効し、我が国でも同月8日に国会で承認されました。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された今回の協定は、先進国のみならず、はじめて途上国も参加し、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げた法的拘束力のあるものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2010.02.26  情報源 | ドイツ  カテゴリ | 健康・化学物質 >> その他(健康・化学物質)
ドイツ 日焼けサロンでの未成年への紫外線照射を禁止
 ドイツ連邦環境省は、2月26日、非電離放射線防止規定法が3月1日に施行されると発表した。これは、皮膚癌が増加していることから、日焼けサロンにおいて、未成年に有害な紫外線を照射することを禁止するもので、違反を犯した日焼けサロン等には、最高5万ユーロの罰金が科せられる。
 連邦環境省によると、この禁止は、まだ一般には認識されていない。欧州委員会が2月に発表した調査でも同様の結果が示されている。欧州委員会は、消費者情報が欠如している点、日焼けサロンでの照射が強すぎる点を指摘している。
 また、太陽による自然な紫外線の放射と平行して、人工的な紫外線を浴びることにより、大人にも肌や目に慢性的な疾病が発生する。ドイツ癌支援協会は、近年、皮膚癌の患者数が大幅に増加していることを指摘している。こうしたリスクを避けるために、連邦環境省は、日焼けサロン運営者に対する厳格な基準を定める政令を2010年中に施行するよう準備している。【ドイツ連邦環境省】
プレスリリース |
http://www.bmu.de/pressemitteilungen/aktuelle_pressemitteilungen/pm/45682.php
関連情報 |
関連リンク
対人間非電離放射線防止規定法ダウンロード

ページトップへ