EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ、EUに製品への危険な炭化水素の使用制限を要求  
次の記事へ
 件数:10444件
 新着順に表示
 3244-3251件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.02.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2016年11月4日にパリ協定が発効し、我が国でも同月8日に国会で承認されました。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された今回の協定は、先進国のみならず、はじめて途上国も参加し、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げた法的拘束力のあるものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2010.06.29  情報源 | ドイツ  カテゴリ | 健康・化学物質 >> その他(健康・化学物質)
ドイツ、EUに製品への危険な炭化水素の使用制限を要求
 癌の原因となる多環芳香族炭化水素について、現在では、欧州連合レベルでの義務的な上限値や削減のための共同戦略が存在していない状況である。しかしながら、ドイツ国内における数々の独立検査機関や連邦・州レベルの機関によって、日用品や子供の玩具など消費製品において使用されていることが分かっている。多環芳香族炭化水素の代替物質は存在しているが、まだ高額である。
 有害な多環芳香族炭化水素から消費者を保護することを目的に、ドイツ連邦環境省とドイツ連邦消費者省は、6月初め、欧州委員会に書類を提出した。提出書類には、多数の消費者製品において発見された多環芳香族炭化水素の存在について紹介しており、これらの製品の利用及び市場流通を欧州連合全体で制限するため、REACH規則(第68条第2項)に基づく簡易手続きによる使用制限を導入することを要求している。【ドイツ連邦環境省】
記事に含まれる環境用語 |
REACH規則
プレスリリース |
http://www.bmu.de/pressemitteilungen/aktuelle_pressemitteilungen/pm/46174.php
関連情報 |
関連リンク
REACH規則ヘルプデスクのホームページ

ページトップへ