EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
オランダ、2013年世界水の日を開催へ        
次の記事へ
 件数:10785件
 新着順に表示
 2258-2265件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2013.03.12  情報源 |  カテゴリ | 水・土壌環境 >> その他(水・土壌環境)
オランダ、2013年世界水の日を開催へ
 オランダは、2013年「世界水の日」のホスト国として、国連ハイレベルフォーラム(3月22日)とマルチステークホルダー対話(3月21日)をヘイグで開催する。会合には、各国の政府や政治家、市民社会組織等が参加し、その成果が声明として発表される予定。開催の準備は、国連水関連機関調整委員会(UN-WATER)の要請によりユネスコが主導する。ハイレベルフォーラムには、国連水と衛生に関する諮問委員会の議長を務めるオランダのウィリアム・アレキサンダー皇太子(オレンジ公)が、リベリアのサーリーフ大統領やヨルダンのハッサン皇太子、ケニヤ製造者協会CEOマイナ氏、ユニリーバ社CEOポルマン氏らと共に出席する。マルチステークホルダー対話は、シュルツ・ファンハーゲンオランダ社会基盤・環境大臣がホストとなり、サーリーフ大統領、オランダ産業・雇用者連合(VNO-NCW) ウェンテス議長らと共に、将来の水の安全保障について演説する。
 世界水の日は、1992年の国連環境開発会議(UNCED)で提案され、これに応え国連総会が1993年3月22日を最初の世界水の日に指定した。毎年3月22日、淡水の重要性への関心を高め、淡水資源の持続可能な管理を推進するため開催される。【オランダ社会基盤・環境省】
記事に含まれる環境用語 |
国連環境開発会議
プレスリリース |
http://www.government.nl/news/2013/03/12/netherlands-to-host-world-water-day-2013.html
関連情報 |
関連リンク
United Nations International Year of Water Cooperation: World Water Day

ページトップへ