一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

滋賀県 「環境こだわり米」PR 京阪神でキャンペーン

健康・化学物質 その他(健康・化学物質)】 【掲載日】2013.12.03 【情報源】地方自治体/2013.10.29 発表

 滋賀県は、環境に配慮して栽培された県産米を認証する「環境こだわり米」の販売促進キャンペーンを京阪神地区で展開している。認証品に統一のシールを貼ってPRするほか、県の特産物が当たる懸賞なども行い、大消費地での売り上げと認知度のアップを狙う。
 環境こだわり農産物は、化学合成農薬や化学肥料の使用量を通常の半分以下に減らし、環境に配慮した方法で栽培されたものを、県が認証する制度。コメの場合、「水田から泥水を流出させない」などの配慮がある。県は2001年度に同制度を始め、初年度に394haだった認証農作物の栽培面積は、昨年度には34倍の1万3557haに増えた。
 今回のキャンペーンのスローガンは「食べることで、びわ湖を守る」。こだわり米の購入で環境に配慮した生産者を応援するという意味を込めた。統一のシールには「近畿の水源『びわ湖』に優しい!」などと書かれている。
 キャンペーンは、琵琶湖の水を飲み水としている京都府や大阪府、兵庫県の計405店舗などで実施。環境こだわり米の購入者を対象にした懸賞では、近江米新品種の「みずかがみ」や近江牛のしぐれ煮セットなどが当たる。 農政水産部食のブランド推進課 TEL:077-528-3891 【滋賀県】

提供:月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ