一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

神奈川県藤沢市 リサイクルプラザ藤沢環境啓発施設の運営開始

【発表日】 2014.04.01 【情報源】 地方自治体 【ごみ・リサイクル リサイクル

 資源・不燃ごみ・大型ごみなどのリサイクル施設「リサイクルプラザ藤沢」が、付帯施設の「環境啓発施設」の運営を開始した。リサイクルプラザ藤沢は、老朽化の進んだ桐原環境事業所および資源化施設に代わって建設されたリサイクル施設で、2013年4月には破砕処理施設・資源化施設の「廃棄物処理棟」が稼働。4月から環境啓発棟が運営開始したことでリサイクルプラザ藤沢全体がフル稼働することになった。なお、電気自動車用急速充電器も設置され、4月から供用を始めている。
 施設見学や体感・体験学習を目的に作られた環境啓発施設では、廃棄物リサイクルに関する展示のほか、太陽光発電風力発電屋上緑化・壁面緑化などの自然エネルギーを有効利用するための設備を見学することができる。「市民体験教室」も定期的に開催しており、牛乳パックからハガキを作るほか、野菜の皮や植物を使った草木染め、石けんづくりやガラス細工などが体験できる。環境部北部環境事業所 TEL:0466-44-0702【神奈川県藤沢市】

提供:月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

平成24年度容器包装リサイクル法に基づく市町村の分別収集及び再商品化の実績公表(国内ニュース)

帝人、阪神甲子園球場の「エコスポンサー」契約を締結、リサイクルを一層推進(国内ニュース)

平成26年度我が国循環産業の国際展開に資するCO2削減技術効果検証業務 公募開始(国内ニュース)

Agoda.com が世界アースデイにちなんでアンケート調査を実施 ─日本人旅行者はエコなホテルを好むも余分なお金は払いたくないとの傾向が(国内ニュース)

平成26年度モーダルシフト・輸送効率化による低炭素型静脈物流促進事業(国土交通省連携事業)の公募開始(国内ニュース)