一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

第49回全国野生生物保護実績発表大会 岐阜県県立岐阜高等学校が環境大臣賞を受賞

自然環境 野生動植物】 【掲載日】2014.11.26 【情報源】環境省/2014.11.26 発表

 環境省と(公財)日本鳥類保護連盟は、平成26年11月25日に「第49回全国野生生物保護実績発表大会」を開催した。
 この大会は全国の学校や団体が、野鳥を始めとする野生生物の調査や保護のための活動を通して得た経験や活動状況を発表し、子供たちの野生生物保護への関心と理解を深める機会とするため、昭和41年から毎年開催しているもの。
 大会では、各都道府県知事から推薦のあった学校・団体の中から審査会で選考された10校が発表を行い、最終審査の結果、カスミサンショウウオの生息地の整備、放流活動等を行っている岐阜県県立岐阜高等学校が環境大臣賞を受賞した。
 また、愛知県豊田市立滝脇小学校と東京都八丈町立三原中学校が文部科学大臣奨励賞を、新潟県南魚沼市立第二上田小学校と群馬県高崎市立倉渕中学校が林野庁長官賞を受賞した。
 このほか環境省自然環境局長賞、(公財)日本鳥類保護連盟会長賞、(公財)日本鳥類保護連盟会長褒状の各賞も決定し、各校・団体にそれぞれ表彰状の授与を行った。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ