一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

キリンホールディングス、WWFジャパンの初めての生物多様性表彰で最高賞を受賞

【発表日】 2015.02.19 【情報源】 企業 【エコビジネス 環境マネジメント

 キリンホールディングスは、WWFジャパン(世界自然保護基金ジャパン)が初めて実施した生物多様性表彰「ビジネスと生物多様性勝手にアワード」で最高賞の「百獣の王賞」を受賞した。同団体が企業の生物多様性への取り組みを独自調査した結果で、対象の1818社の中でトップになった。宣言と調達方針が体系的に構築されていることなどが認められた。
 ビジネスと生物多様性勝手にアワードは今回初めて制定され、サプライチェーンマネジメント(材料・部品供給網の管理)で特に原材料調達を通じて生物多様性に貢献している企業を表彰する。企業による応募・推薦ではなく、WWFジャパンが企業の環境報告書を基礎資料に内容を精査して選出する方法を採用した。そのため「勝手に」の表記を使った。
 キリンホールディングスは「生物多様性保全宣言」を2010年、「持続可能な生物資源調達ガイドライン」を2013年に定めた。スリランカの紅茶農園での持続可能な農園認証の取得支援や、用紙、包装資材、パーム油の持続性向上などを進めている。体系的な活動が行われていることに加え、事業活動で生物多様性の課題に取り組んでいる点が評価された。
 キリンは最高賞を弾みに、今後も生物多様性の視点を重視していく。勝手にアワードは東京証券取引所1部上場企業を調べた。大賞にあたる百獣の王賞に続く優秀賞「オリーブの葉賞」には、農林水産物に由来する原材料からの製品が主体の生物資源製造業で花王、石油・鉱物由来原材料中心の非生物資源系製造業でリコー、商業ではイオンが選ばれた。【キリンホールディングス(株)】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ