EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
「2020年までに鉛含有塗料を廃絶」を目標に、国連環境計... 
次の記事へ
 件数:10164件
 新着順に表示
 620-627件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.08.18

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国内では、白神山地と屋久島が1993年に、知床が2005年に、小笠原諸島が2011年に、世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約に基づく世界自然遺産に登録されました。世界自然遺産として評価された自然を有する自治体は、評価された自然の価値が異なるものの、その価値を損なうことなく、将来に向かって保全する共通の使命を帯びています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.04.18  情報源 | 国連  カテゴリ | 健康・化学物質
「2020年までに鉛含有塗料を廃絶」を目標に、国連環境計画などの国際パートナーシップが協力
 国連環境計画(UNEP)と世界保健機関(WHO)が主導する「Global Alliance to Eliminate Lead Paint (GAELP)」(含有塗料の廃絶に取り組む国際活動)は、2020年までに世界から含有塗料を廃絶するという目標を「地球市民・アースデイ2015」で発表した。
 高濃度の添加剤を含む塗料は、中毒を引き起こすリスクが大きく、特に子供と妊婦に影響する。中毒は、高血圧や学習障害など、生涯に渡り子供の健康に影響を与える可能性があり、WHOによれば、幼児期の曝露により、毎年推定60万人が知的障害を発症するという。曝露により年間14万3000人が死亡すると推定され、特に開発途上国で影響が大きい。また、高い曝露を受けている子供の99%が、低中所得国に住んでおり、幼児期の曝露に関連した健康問題は、アフリカ、アジア、ラテンアメリカなどで9750億ドル以上の経済損失になるという。
 しかし現在でも、住宅や学校などに含有塗料の使用を認めている国が多い。シュタイナー国連事務次長・UNEP事務局長は「UNEPはWHOなどGAELPのメンバーと協力して、曝露の危険性についての情報を国民に提供し、また塗料配合から化合物を廃絶するよう製造業者に促す」と語った。【国連環境計画
記事に含まれる環境用語 |
アースデイ
鉛中毒
開発途上国
国連環境計画
プレスリリース |
http://www.unep.org/newscentre/Default.aspx?DocumentID=26802&ArticleID=34969&l=en

ページトップへ