一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

国連環境計画、持続可能な農産物サプライチェーンにより森林の劣化と減少を食い止める金融機関のための政策ツールを公表

【発表日】 2015.07.29 【情報源】 国連 【地球環境 森林の減少

 国連環境計画(UNEP)は、農産物、特に大豆、パーム油などのサプライチェーンにおける持続不可能な慣行(生産、取引、加工、販売)による森林破壊のリスクを減らすため、金融機関による貸付・投資政策に対する新たなツールを開発し、報告書とともに発表した。報告書は「銀行と投資家のための農産物リスク政策」と題され、UNEP金融イニシアティブ等による「自然資本宣言」(自然資本への配慮と金融商品・サービスとの統合を図るためのグローバルな金融主導型取り組み)が作成した。報告書は、「農産物に関する森林リスク評価ツール」とともに、金融機関が持続可能な農産物の生産を金融商品・サービスで支える助けになるという。この調査で評価対象となった30金融機関の大半が、森林保全に関する国内、国際法への準拠を明確にその顧客(企業)に求める政策を持っていない。UNEPは、森林破壊を助長する貸付・投資慣行は、銀行・投資家の信用リスクにも影響し得るとして、持続不可能な農産物サプライチェーンで森林減少・劣化を招く企業への融資を監視・管理する政策を金融機関が採用するよう強く求めている。【国連環境計画

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース