一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

平成14年度の「市民活動活性化モデル事業」採択事業13件を決定

環境一般 市民活動】 【掲載日】2002.09.25 【情報源】経済産業省/2002.09.24 発表

 経済産業省は平成14年9月24日、平成14年度の「市民活動活性化モデル事業」として333件の応募の中から13件の事業を採択したと発表した。
 「市民活動活性化モデル事業」は、市民活動の活性化モデル事業の掘り起こしと、成功モデル事業のPRを目的に実施されているもので、女性や高齢者を主メンバーとする地域の市民活動団体が、情報ネットワークを活用しながら行っている事業のうち、将来的にビジネスとして事業発展が可能なプランを持っている市民活動等事業を対象に公募を行なった。
 なお13件のうち、環境に関連する事業としては、(1)神奈川県大和市の「Loves元気やさいネット・やまと」による地域通貨「ラブス」を利用した地域循環型農業生産・流通と消費者の循環ネットワークの構築事業、(2)三重県名張市の特定非営利活動法人赤目の里山を育てる会による「里山総合講座」の開設事業などがある。
 採択された事業には、事業の立ち上げに伴う費用が支援される予定だ。【経済産業省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク