EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
環境省、国立公園管理事務所を設置        
次の記事へ
 件数:27969件
 新着順に表示
 77-84件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.04.13

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 日本の南西部に位置する奄美群島が2017年3月に34番目の国立公園に指定されました。国内最大規模の亜熱帯照葉樹林が残され、アマミノクロウサギなど固有種や希少な野生動植物が数多く生息生育しているほか、世界的な北限に位置するサンゴ礁や石灰岩の海食崖、鍾乳洞、マングローブ、干潟など多様な自然環境がみられる地域です。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.03.31  情報源 | 環境省  カテゴリ | 自然環境 >> 自然公園
環境省、国立公園管理事務所を設置
 日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてブランド化を図ることを目標として、現地の対応を強化するため、全国5つの国立公園に「国立公園管理事務所」が設置される。

 環境省では、「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づき、「国立公園満喫プロジェクト」を2020年までに計画的、集中的に実施することとしている。
 本プロジェクトでは、2020年までに、外国人国立公園利用者数を年間546万人から1000万人に増やすことを目指し、関係機関・団体と連携し、各種の取組を集中的に実施していく。

 これらのことに現場で機動的にきめ細かな取組を実施するため、国立公園満喫プロジェクトを実施する8公園のうち、プロジェクトの進捗状況や内容から総合的に判断し、まずは5つの国立公園について、既存の自然環境事務所及び自然保護官事務所を再編し、体制を強化することとした。

【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
国立公園
自然環境事務所
自然保護官
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/103888.html

ページトップへ