EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ソーラーフロンティア、太陽電池モジュールが環境省の先... 
次の記事へ
 件数:29497件
 新着順に表示
 1581-1588件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.04.04  情報源 | 企業  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
ソーラーフロンティア、太陽電池モジュールが環境省の先導的低炭素製品に認証
 ソーラーフロンティアが展開する太陽電池モジュール「SF175-S」が、環境省の認める先導的な低炭素製品「2016年度冬版L2-Tech(エルツー-テック)認証製品」の認証を取得した。同社は昭和シェル石油の100%子会社で、太陽電池の生産・販売を手掛ける。化合物系太陽電池として最高のモジュール変換効率を実現していることが評価された。

 L2-Techは、リーディング・ローカーボン・テクノロジーを指し、環境省が定めたエネルギー起源CO2排出量の削減に最大の効果をもたらす技術を意味する。CO2の排出量が極めて少ない先導的な低炭素技術があって最高水準とされると、L2-Tech認証製品に認められる。環境省が2015年度に認証制度を導入し、夏と冬の年2回募集している。
 
 SF175-Sは175Wの出力があり、縦横1257mm、977mm、厚さ35mm、重さ20kgとなる。14.3%のモジュール変換効率を達成している。高温や影に強く、実際の設置環境での発電量が多いことが特長だ。セルの製造から組立まで国内で行い、製造時のエネルギー消費が少ない。カドミウムなどの有害物質を使用していないことも認められた。

 環境省は、CO2排出量削減に最大の効果を発揮する設備・機器をL2-Tech認証製品一覧にして情報発信し、L2-Techの普及を進めている。2016年度冬版L2-Tech認証製品一覧は1月13日〜2月10日に募り、各種の条件を満たした産業・業務・家庭用の計2667件を掲載した。太陽電池モジュール製品はソーラーフロンティアのSF175-Sだけだった。
【ソーラーフロンティア株式会社】

記事に含まれる環境用語 |
カドミウム
太陽電池
有害物質
プレスリリース |
http://www.solar-frontier.com/jpn/news/2017/0404_press.html

ページトップへ