EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
京都市、食べ残しゼロ推進店舗 認定店舗が500店舗突破  
次の記事へ
 件数:28785件
 新着順に表示
 625-632件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.04.27  情報源 | 地方自治体  カテゴリ | ごみ・リサイクル >> その他(ごみ・リサイクル)
京都市、食べ残しゼロ推進店舗 認定店舗が500店舗突破
 京都市は、食品ロスの取り組みを実践する市内の飲食店や宿泊施設を認定する「食べ残しゼロ推進店舗」認定制度で、推進店舗が今年4月現在で518店舗になったと発表した。
 市は2014年から、市内の飲食店や宿泊施設での食べ残しなどの食品ロスを削減し、生ごみを減量する取り組みとして「食べ残しゼロ推進店舗」認定制度を実施。食材を使い切る、食べ残しを出さないか持ち帰ることができる、使い捨て商品の使用を抑える―などの8つの項目のうち、2つ以上を実践する飲食店などを認定している。
 推進店舗は、和食・定食82、洋食53、中華50、うどん・そば30、すし9、ラーメン25、居酒屋40、お好み焼き17、アジア15、カフェ・喫茶163、その他25、宿泊施設9の計518店舗。
 市は今年1月末までの推進店舗364店舗のラインアップや、飲食店における食材の使い切り事例を取材した記事などを掲載した「食べ残しゼロ推進店舗ガイドブック」を作成。推進店舗や区役所、支所のエコまちステーションなどで配布している。
 
記事に含まれる環境用語 |
食品ロス
プレスリリース |
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000218492.html

ページトップへ