一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

ドイツ、連邦生物多様性プログラム助成プロジェクトに対する統一評価基準を示す手引書を公表

【発表日】 2017.08.04 【情報源】 【自然環境 生物多様性

 ドイツ連邦自然保護庁は、連邦生物多様性プログラムにおいて実施されるプロジェクトの成果を統一した基準で評価することを目的とした手引書を公開した。同プログラムの予算は年間2000万ユーロと、連邦環境省が提供する助成金において最大である。「責任の種類」、「生物多様性ホットスポット」、「生態系サービス」、「戦略において特に重要な意味を持つ対策」の4グループに分けて助成されており、それらのプロジェクトの目標がどの程度達成されたのか評価することが求められていた。今回の手引書ではこれまでの実践を基礎に道筋が示されており、さらに具体的な評価に関する一般的な基準が初めて示されている。また申請段階におけるプロジェクトデザインに対するヒントも含まれており、これらは、他の自然保護プロジェクトにも転用可能なものとなっている。統一評価の導入により、将来のプロジェクトに対する知見や対策提言を得ることが望まれている。【ドイツ連邦自然保護庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース