一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

平成29年度温泉熱の有効活用促進セミナーの開催について

【発表日】 2018.01.15 【情報源】 環境省 【エネルギー 再生可能エネルギー

 環境省は、温泉熱の有効活用の普及促進を図るため、温泉熱の利用に関心のある地方公共団体や温泉事業者などを対象に、温泉熱の有効活用に関する情報提供及び意見交換を目的とした「温泉熱の有効活用促進セミナー」を開催する。

 温泉熱は、地域固有の熱源として高いポテンシャルを持ち、有効活用が期待されている。
 温泉熱のエネルギーとしての利用方法としては、利用源泉の温度や温泉熱利用範囲(個別施設や地域全体)などにより様々な方法があげられ、多段階での利用可能性が非常に高い熱源といえる。
 
 日時:平成30年2月22日(木) 14時00分〜16時00分
 場所:イイノホール&カンファレンスセンター 4階 (東京都千代田区)
 定員:100名
 
 なお、現地見学会も実施する。
 
 日時:平成30年2月23日(金) 8時00分〜18時15分
 場所:栃木県那須郡那須町及び那須塩原市
 内容:ホテルサンバレーバイナリー発電所 新那須温泉供給(株)集中配湯設備

 セミナー、現地見学会共に事前申し込みが必要。
 詳細はプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

プレスリリース