一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

環境省、バリューチェーンマネジメントに関するシンポジウムを12月に開催 参加者募集

【発表日】 2018.11.12 【情報源】 環境省 【環境学習 その他(環境学習)

 環境省は、SDGs時代のバリューチェーンマネジメントにおいて大手企業は何をすべきか、どのように企業価値を高めていくか、その一つの解として、「エコアクション21」を活用したバリューチェーンマネジメントの在り方をテーマにシンポジウムを開催する。

 持続可能な社会への転換を目指して国際的な動きが加速している中、企業による、脱炭素化に向けた取組や企業活動をSDGsの観点から分析、評価し変革を進める取組は、事業者のリスクを低減させるだけでなく、新しい時代の中で自らの企業価値を高めていくことにもつながる。
 これらの取組を進める上では、自社グループだけでなく、バリューチェーン全体で考えることが求められている。

 また、エコアクション21は、環境省が策定したガイドラインに基づく環境マネジメントシステムの認証・登録制度。CO2排出量の把握・削減目標の設定、環境報告を含む仕組みで、現在、約8,000の事業者が認証・登録を受けている。

 日時:平成30年12月7日(金)13:30〜17:30(開場 13:15)
 会場:「エコプロ2018」東京ビックサイト会議棟1階 102会議室(東京都江東区)
 主催:環境省、エコアクション21中央事務局(一般財団法人持続性推進機構 )

 詳細はプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース