一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

サントリー、世界包装機構「ワールドスターコンテスト2019」で「FtoPダイレクトリサイクル技術」がワールドスター賞受賞

ごみ・リサイクル その他(ごみ・リサイクル)】 【掲載日】2019.01.22 【情報源】企業/2018.12.20 発表

 サントリーMONOZUKURIエキスパート(株)は、世界包装機構「ワールドスターコンテスト2019」において、「FtoPダイレクトリサイクル技術」がワールドスター賞を受賞したと発表した。
 「ワールドスターコンテスト」は、世界の優れたパッケージとその技術を開発・普及させることを目的としたコンテスト。世界各国のコンテストを勝ち抜いた作品の中から、「ワールドスター賞」が選出される。
 また、2019年5月15日にチェコで表彰式が開催される。

 受賞した技術は、ペットボトルから再生ペットボトルをつくるボトルtoボトルリサイクルをさらに発展・効率化させたもので、回収したペットボトルを粉砕・洗浄したフレーク(Flake)を高温、真空で一定時間処理し、溶解・ろ過後、直接プリフォーム(Preform)を製造できる技術。
 均一な品質のプリフォームを成型するには、溶かしたフレークを成型機に安定した圧力で流し込むことが重要であり、この技術の開発に向けては、実際に設備を組み立て、長期間検証を行った。
 プリフォーム製造までに結晶化処理や乾燥など多くの工程が必要だった従来の仕組みと比較すると、CO2排出量を約25%削減できる見込み。

【サントリーホールディングス株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース