一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

佐川急便、航空保冷コンテナの電力方式をニッケル水素電池パックに変更

ごみ・リサイクル その他(ごみ・リサイクル)】 【掲載日】2019.01.30 【情報源】企業/2019.01.11 発表

 SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、航空機に搭載する航空保冷コンテナの電力方式を2019年3月よりニッケル水素電池パックに変更すると発表した。
 なお、航空保冷コンテナへのニッケル水素電池パック使用は、航空貨物フォワーダーとしては初めてとなる。

 航空保冷コンテナは各航空機内において保冷能力を維持するための冷却ファンの動力にマンガン乾電池を使用しており、使用後は廃棄が必要となるなど資源の有効活用が難しい状況だった。
 動力に充電式電池パックを使用することで廃棄物産出を抑制することとなり、年間で17万本(約23t)の電池使用量を削減することができる。
 また、これまで複数本の乾電池を交換していた作業が1個の充電式電池パック交換に変わることで、作業効率が向上する。

【SGホールディングス】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース