一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

フランス政府、除草剤グリホサート代替手段の情報サイトを開設

【発表日】 2019.02.01 【情報源】 フランス 【自然環境 生物多様性

 フランス環境省は、除草剤グリホサートの使用終了に向け、代替手段の情報を集めたウェブサイト「リソースセンター」を開設した。政府は、グリホサートの主要用途での使用を2020年、すべての使用を2022年までに終了するとし、そのための行動計画に2018年6月から取り組んでいる。リソースセンター開設はその一つで、代替手段のない状態でグリホサートを禁止して農家に困難が生じることがないよう、政府の財政支援でフランス国立農学研究所(INRA)、農業技術研究所(ACTA)、農業会議所(APCA)が開発した。サイトにはすでに検証済みの技術的代替手段が50ほど集められており、その実践についても個別の農場の特性を考慮した支援が提供されるという。現在含まれていない他の使用法や薬剤に関する情報も今後数か月のうちに追加される。また現在、代替手段のない使用については、農業開発機関や実験実証ネットワーク、農業教育機関などが様々な制度の支援を得て実践的な手段を開発・試験していくという。【フランス環境連帯移行省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース