一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

キリン、2Lペットボトルの国内最軽量を更新

【発表日】 2019.03.20 【情報源】 企業 【ごみ・リサイクル その他(ごみ・リサイクル)

 キリンビバレッジ株式会社は、「ペットボトル原料の持続性向上」に向けて、2Lペットボトルにおいて現在国内最軽量である28.9gを、口部軽量化によって28.3gへと削減し、国内最軽量を更新した。

 この取り組みは、キリンホールディングス株式会社が策定した「キリングループ プラスチックポリシー」のもと、プラスチックの持続可能な使用および資源の循環を推進するもの。
 今回新たに導入する28.3gの国内最軽量2Lペットボトルは、キリン株式会社パッケージング技術研究所との協働により、口部のネジ山をより細くし、ネジの長さを削減するなど、ネジ部の改良により軽量化に成功した。
 このペットボトルを導入することで、年間約107トンのペット樹脂と約375トンのCO2削減が可能となる。

 詳細はプレスリリース参照。

【キリンビバレッジ株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース