一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

国土交通省、水の作文コンクール受賞者がダム事務所等の一日所長に

【発表日】 2019.07.24 【情報源】 国土交通省 【水・土壌環境 その他(水・土壌環境)

 国土交通省は、第41回(令和元年度)全日本中学生 水の作文コンクールにおいて、最優秀賞、優秀賞の受賞者が、水に関する職場体験の機会として、ダム事務所等の一日所長を体験すると発表した。

 このコンクールは、「水の日」(8月1日)及び「水の週間」(8月1日〜7日)の行事の一環として、次代を担う中学生を対象とし、広く水に対する関心を高め、その理解を深めることを目的に、昭和54年より実施しているもの。
 一日事務所長体験は、最優秀賞及び優秀賞受賞者のうち希望者を対象に、在住地域の地方整備局又は水資源機構の現地事務所において、流水管理等の業務を体験してもらい、河川及びダム等の治水利水に果たす役割や水の大切さに対する理解を深めてもらうことをねらいとしている。

 詳細はプレスリリース参照。

【国土交通省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース