一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 連邦議会が地質データ法を承認

環境行政 法令/条例/条約】 【掲載日】2020.05.08 【情報源】ドイツ/2020.04.23 発表

 ドイツ連邦経済エネルギー省(BMWi)は、ドイツ連邦議会が、連邦政府が提出した地質データ法を承認したことを公表した。地質データ法により、1934年に制定された鉱床法は廃止される。地質データ法では、担当部局による地質データの保存義務が定められている。ここにはドイツ全国に地質データを提供する義務も含まれている。さらに、段階的な期限を設定し、地質データの公共利用についても規定しており、商業調査で得られた地質データも、特定の期限の後に、公共に提供することが定められている。同法により、連邦政府は、法的確実性を確立し、さらに地質データへの関心と企業利益の保護のバランスを確保するとしている。また、高放射性廃棄物最終処分地選択における透明性の確保もここでは考慮されている。連邦参議院の承認により、同法は成立する。
【ドイツ】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース