一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

京都議定書目標達成まで、あと1.5パーセント

【発表日】 2003.02.19 【情報源】 【地球環境 地球温暖化

 ドイツ連邦環境省は、ドイツの2002年の温室効果ガス排出量が1990年レベルから19.4%減少し、京都議定書の目標達成まで、あと約1.5%に迫っていることを発表した。削減した温室効果ガスは約2億4000万トンに達しており、この数値は、他のEU加盟国の削減量を合計した量の2倍となる。
 トリティン環境大臣は、「ドイツは、温暖化対策の世界のリーダーとしての役割を示した。(ドイツは京都議定書の目標を達成できないという)全ての悲観主義者に対し、我々は、2010年までに21%の温室効果ガスを削減するために、最良の道を歩んできている。今後も、自然エネルギー省エネルギーへの助成、そしてモーダルシフト政策を継続していく。これらの分野では、さらに温室効果ガスを削減できる可能性がある」と、コメントした。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース