一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

第14番目の国立公園をアイフェル地方に設立

【発表日】 2003.06.12 【情報源】 ドイツ 【自然環境 自然公園

 6月12日、ドイツ連邦のトリッティン環境大臣とノルトライン‐ヴェストファーレン州のホーン環境大臣は、アイフェル国立公園予定地を視察した。
 ドイツで第14番目となるアイフェル国立公園は、ドイツ中西部ライン川左岸に広がるアイフェル地方の9350ヘクタールの土地に計画されている。アイフェル地方は、国際的にも貴重なブナの森が広がっており、また、ワシミミズク、ビーバー等、230種以上の絶滅危惧種等の保護にも重要な役割を果たしている。さらに、地域住民が、観光業を通じた地域の発展等について、コンセプトづくりに参加していることも注目に値する。トリッティン氏は視察後、「国立公園は、地域の自然や住民の利益となりうる。国立公園は観光客を呼び、経済的な効果を挙げる」とコメントしている。2004年1月1日に、アイフェル国立公園令が施行される。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

関連リンク