EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
フランス、2017年夏は森林火災のリスクが高いと注意を喚起 
次の記事へ
 件数:10710件
 新着順に表示
 91-98件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.07.26  情報源 | フランス  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
フランス、2017年夏は森林火災のリスクが高いと注意を喚起
 フランス環境連帯移行省は、2017年夏は国内の森林火災のリスクが特に高まっているとして注意を呼びかけている。気温が上がる夏季は例年森林火災が起こりやすいが、2017年の夏は干ばつが81県に及び、地中海沿岸では強風も記録されるなど特に火災のリスクが高いという。この要因として地球温暖化の影響(気温上昇、高温・乾燥期の長期化など)が指摘されており、森林火災の頻度と激しさはさらに増す可能性が高い。スペインやポルトガルに続き、フランス国内もすでに地中海沿岸の各県で森林焼失や住民避難などの被害が出ている。1500万ヘクタール以上の森林を持つフランスの中でも、森林火災は特に南部のコルシカ島やランド県で頻発している。こうした高リスク地域は北方に広がることが科学的に予測されており、都市部、農村部に関わらず国全体で警戒する必要があるという。このため政府は森林火災対策、森林管理、森林と居住地の間の空間の管理、森林利用者への情報提供などを盛り込んだ積極的な予政策を実施している。同省のサイトでは、利用者向けの注意点を動画でわかりやすく説明している。【フランス環境連帯移行省】
記事に含まれる環境用語 |
森林火災
地球温暖化
プレスリリース |
https://www.ecologique-solidaire.gouv.fr/incendies-risque-severe-cet-ete

ページトップへ