EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
イギリス気象庁、2016年のイギリスの気候の状態を報告  
次の記事へ
 件数:10633件
 新着順に表示
 11-18件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.06.30

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2017年6月5日、恒例になった中国環境白書(「2016年中国環境状況公報」)が発表された。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入って最初の環境白書だ。今回の白書はこれまでのものと比べてコンパクトな編集になっているのが特徴だ。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.07.27  情報源 | イギリス  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
イギリス気象庁、2016年のイギリスの気候の状態を報告
 イギリス気象庁(MetOffice)は、2016年のイギリスの気候の状態に関する報告書を公表した。
 これによると、2016年は1910年以降で13番目に高温の年だった。30年間(1981〜2010年)の平均と比べ、2016年の平均気温は0.5℃、日照時間は4%上回った。同年冬(2015年12月〜2016年2月)は、イングランドとウェールズでは1910年以降で最も暖かい冬だったという。また、過去10年間(2007〜2016年)の平均気温は1981〜2010年の平均を0.3℃上回った。
 2016年の降水量は1981〜2010年の平均の95%だった。2016年冬はこの季節としては1910年以降で2014年に次ぎ2番目に雨が多かったが、年の後半は非常に少なかった(特に南部)。雪は平年並みだが、1959年以降で初めて積雪が20センチを下回った。一方、年間平均降水量は過去数十年間に増加しており、特にスコットランドでは、過去10年間の平均は1961〜1990年の平均を11%、1981〜2010年の平均を4%上回ったという。【イギリス気象庁】
記事に含まれる環境用語 |
日照
プレスリリース |
http://www.metoffice.gov.uk/news/releases/2017/state-of-the-uk-climate-report-2016

ページトップへ