一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 連邦議会が気候保護法案を承認

【発表日】 2019.11.15 【情報源】 ドイツ 【地球環境 地球温暖化

 ドイツ連邦議会は、気候保護法案を承認した。これは、2020年から2030年まで1年ずつ、部門別のCO2排出上限値を定めたもの。排出削減状況は、連邦環境庁(UBA)および専門家委員会が毎年検証し、計画通りに進んでいない部門に対しては、管轄省庁が即時に対策を講じることを義務付けており、これにより、2030年の包括的な気候目標(1990年と比較してCO2排出量を55%削減)が確実に達成されるとしている。また、2025年に、2030年以降の排出上限値を年ごとに設定すること、さらに2050年までに温室効果ガスのニュートラル(排出正味ゼロ)を達成する目標を法的に規定している。本法案は、今後、連邦参議院において審議される。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース