一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

こどもホタレンジャー表彰事業、19年度受賞団体決まる

【発表日】 2008.03.14 【情報源】 環境省 【環境学習 こどもの環境学習

 環境省は、ホタルに関連した水環境保全活動に取組む子供たちを表彰する「こどもホタレンジャー」事業の平成19年度受賞団体を、20年3月14日までに決定した。
 この表彰事業は、日本人にとって親しみがあるホタルの保全活動の紹介を通じ、子どもたちに川や湖の生きものや水環境に関心を持ってもらうことを目的に16年度に創設されたもの。「ホタレンジャー」という言葉は「ホタル」と、森林や自然公園を警備・保護する人という意味がある「レンジャー」という言葉をつなげた環境省の造語で、「ホタルを守る人」という意味がこめられている
 公表内容によると、19年度に環境大臣賞を受賞したのは、福島県の福島市立土湯小学校土湯っ子(つちゆっこ)ホタル見守り隊(小学校の部)と、群馬県の箱島(はこじま)こどもホタレンジャーの会(団体の部)。優秀賞を受賞したのは、愛媛県の松山市立河野(こうの)小学校4年、愛知県の刈谷市立小垣江東(おがきえひがし)小学校第3学年「とべ!ぼくらのホタル」(ともに小学校の部)、茨城県の水戸市立国田(くにた)中学校生物研究部(中学校の部)。
 選考された活動については、20年3月26日に東京・霞ヶ関の環境省内で表彰式・活動報告会を行う。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

19年度「こどもホタレンジャー」表彰事業、活動事例の募集を開始(国内ニュース)

こどもホタレンジャー表彰事業、18年度受賞団体決まる(国内ニュース)

関連リンク