一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

ホンダ、新型FCV「CLARITY FUEL CELL」を発売、セダンタイプで世界初の5人乗りを実現

【発表日】 2016.03.10 【情報源】 企業 【エネルギー 燃料電池

 ホンダは、新型燃料電池車(FCV)「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」を3月10日に発売した。トップクラスの一充てん走行距離を達成した。独自の技術で燃料電池駆動系を小型化し、ボンネット内に搭載した。これにより、セダンタイプのFCVで世界初の5人乗りを実現した。初年度はFCV普及促進に協力している自治体や企業を中心にリースする。
 車としての実用性の高さと先進的な魅力を備えるFCVとして投入する。高圧水素貯蔵タンクを搭載し、駆動系の高効率化や走行エネルギーの低減によって、燃料となる水素1回の充てんで走行できる距離を従来比で約30%伸ばした。走行距離はゼロエミッション(排ガスゼロ)の車で世界トップクラスの約750kmとなる。充てん時間は約3分程度ですむ。
 全長4915mm、全幅1875mm、全高1480mmで1890kgの重量がある。リース料は期間・プランなどで異なるが、参考希望小売価格は766万円(消費税込み)に設定した。クラリティ フューエル セルと併せ、移動可能な外部給電器「Power Exporter(パワーエクスポーター)9000」の販売も同日始めた。走る電源として一般家庭約7日分の電力が供給できる。
 ホンダはクラリティ フューエル セルの市場での使用状況や顧客、関係団体の意見や要望を集めた後、個人にも販売する。初年度のリースは200台程度を計画する。米国、欧州でも年内の展開を予定している。FCVでホンダは2002年に「FCX」、2008年に「FCXクラリティ」のリースを始め、それらのデータを基にクラリティ フューエル セルを開発した。【本田技研工業(株)】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

JXエネルギー、横浜の「IKEA」に移動式水素ステーションを開設、大型商業施設で初(国内ニュース)

豊田自動織機、燃料電池フォークリフトの実用化モデルで3月に実証を開始(国内ニュース)

積水ハウス・ホンダなど、鳥取県の水素エネルギー実証拠点整備プロジェクトで協定を締結(国内ニュース)

東京ガス、「千住水素ステーション」の営業開始、研究開発用を一般商用に転用(国内ニュース)

ホンダ、パッケージ型の水素ステーションを和光本社ビルに設置して稼働(国内ニュース)