EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
平成28年度セルロースナノファイバー性能評価モデル事業... 
次の記事へ
 件数:27996件
 新着順に表示
 527-534件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.04.13

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 日本の南西部に位置する奄美群島が2017年3月に34番目の国立公園に指定されました。国内最大規模の亜熱帯照葉樹林が残され、アマミノクロウサギなど固有種や希少な野生動植物が数多く生息生育しているほか、世界的な北限に位置するサンゴ礁や石灰岩の海食崖、鍾乳洞、マングローブ、干潟など多様な自然環境がみられる地域です。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.01.12  情報源 | 環境省  カテゴリ | エコビジネス >> 環境技術
平成28年度セルロースナノファイバー性能評価モデル事業(早期社会実装に向けた導入実証)委託業務(二次)の採択が決定
 環境省は、「平成28年度セルロースナノファイバー性能評価モデル事業(早期社会実装に向けた導入実証)委託業務(二次)」の公募を行い、審査の結果、2件を採択したと発表した。

 この事業は、国内市場規模が大きく、CO2削減ポテンシャルの大きい家電(送風ファン等)、住宅・建材(窓枠、断熱材、構造材等)、再エネ(風力ブレード等)、業務・産業機械(空調ブレード等)等の分野(自動車を除く)において、ターゲットとなる最終製品を設定し、CNF(=セルロースナノファイバー)活用材料(複合樹脂等)の用途開発、製品に搭載することでCO2削減効果等の性能評価および早期社会実装に向けた導入実証を行うもの。

 平成28年11月1日(火)〜平成28年11月25日(金)までの公募期間中に5件の応募があり、外部専門家からなる審査委員会にて審査を行った結果、2件を採択した。

 詳細はプレスリリース参照。【環境省】
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/103424.html

ページトップへ