EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
イオン環境財団、大分県竹田市で植樹を実施、3年計画の2... 
次の記事へ
 件数:28797件
 新着順に表示
 51-58件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.11.07  情報源 | 企業  カテゴリ | 環境一般 >> CSR
イオン環境財団、大分県竹田市で植樹を実施、3年計画の2年目、伐採跡地を再生
 環境活動と環境団体への支援を行う公益財団法人イオン環境財団(理事長・岡田卓也イオン名誉会長)は、大分県竹田市で11月11日に植樹を実施する。3年計画の2年目となり、森林資源の確保と伐採跡地の森林再生を目指す。市内の小中学生100人も環境学習の一環で参加し、小中学生を含む500人のボランティアで、6400本の木を植える。

 竹田市は、九州一の湧水群と大分県で最大の河川、大野川の源流がある自然豊かな地域で、名水と炭酸泉が全国的に知られている。同市など同県の3市と、延岡市など宮崎県の1市2町をエリアにする「祖母・傾・大崩(そぼ・かたむき・おおくえ)」山系と周辺地域は、2017年にユネスコエコパーク(生物圏保存地域)として登録された。

 イオン環境財団は、国内のユネスコエコパーク単位の会員で構成する組織の日本ユネスコエコパークネットワークと、生物多様性の保全、持続可能な資源利用、環境教育などに関して、連携協定を8月に結んだ。竹田市の植樹は、祖母・傾・大崩ユネスコエコパークの景観や希少な動植物が生息する自然を次世代に継承することにつながる。

 植樹はイオン環境財団と竹田市が主催し、同市直入町の3haの面積を対象にケヤキ、ヤマザクラ、ヤマモミジ、ホウノキ、トチノキ、カツラ、イヌエンジュ、モミノキ、ヤシャブシ、クヌギを植える。大分県知事や同市の市長も出席する。植樹に先立って、同市役所直入支所で開会式を開催する。同支所では「ふるさと振興祭」も開かれる。

【公益財団法人イオン環境財団】

記事に含まれる環境用語 |
河川
景観
生物圏
生物多様性の保全
湧水
プレスリリース |
http://www.aeon.info/news/2017_2/pdf/171107R_1.pdf

ページトップへ