一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

愛知県、ウォームシェア実践呼びかけ 家庭のエネルギー使用削減へ

【発表日】 2019.01.25 【情報源】 地方自治体 【地球環境 地球温暖化

 愛知県は、暖かく快適に過ごせる施設や店舗で過ごし、家庭での暖房用エネルギーの使用を控える「ウォームシェア」促進キャンペーンを実施している。対象施設や店舗を利用し、応募した人の中から抽選で90人に景品を贈る。
 県は、県内の図書館やショッピングセンター、飲食店、温浴施設など274施設(昨年12月27日時点)をシェアスポットに登録。シェアスポットの一覧は県ホームページに掲載している。
 県内在住者が対象。シェアスポットを利用し、県ホームページの応募フォームに必要事項を入力するほか、シェアスポットで配布しているチラシに付いている応募用紙に必要事項を記入し、「あいちクール&ウォームシェア事務局」(フルハシ環境総合研究所)に郵送またはファクスで応募する。締め切りは2月24日(当日消印有効)。
 応募者の中から抽選で真空保温調理器(10人)、ステンレスカップ(20人)、衣類用洗剤(60人)を贈る。詳細は県ホームページで。

提供:月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

プレスリリース