一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

東京港青海ふ頭におけるヒアリの確認について

【発表日】 2019.10.10 【情報源】 環境省 【自然環境 野生動植物

 環境省は、令和元年9月10日に、東京港青海ふ頭において特定外来生物ヒアリ(Solenopsis invicta)が確認されたことを受け、東京都の協力のもと、青海ふ頭の周辺地域を含めて調査を実施している。

 今回東京港青海ふ頭において確認されたアリ(防除時を含む)は、ヒアリの働きアリ300個体以上、有翅女王アリ20個体、幼虫約10個体。
 舗装の隙間から土中への出入りが確認されたことから、詳細な調査を実施し、殺虫処理を行うとともに、確認地点周辺に殺虫餌(ベイト剤)を設置している。

 平成29年6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は令和元年10月10日(木)現在で14都道府県、計45事例。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース