一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

イオン、「10×20×30食品廃棄物削減イニシアティブ」日本プログラム始動

ごみ・リサイクル その他(ごみ・リサイクル)】 【掲載日】2020.01.14 【情報源】企業/2019.12.11 発表

 イオン株式会社は、世界各地の小売企業等とともに参画する「10X20X30食品廃棄物削減イニシアティブ」の日本プロジェクトを国内の食品メーカー等21社とともに始動する。
 このイニシアティブは、サプライチェーン全体で食品廃棄物の半減を目指すもの。
 「10X20X30」とは、世界の大手小売業等10社が、それぞれの20社のサプライヤーとともに、2030年までに主要サプライヤーの食品廃棄物の半減に取り組むということを象徴的に表したもので、さらに削減の取り組みをサプライチェーン全体に波及させることを目指して協働する。

 イオンでは、2017年に食品廃棄物削減目標を掲げ、SDGsの目標を5年前倒した2025年までに半減することを目指してグループを挙げて取り組んでいる。また、世界の多くの小売企業が食品廃棄物削減目標を持って取り組みを進めているものの、目標達成に向けては小売の現場のみならず、食品に関わる全ての産業が連携し、サプライチェーン全体で取り組むことが必要。
 今回スタートする「10X20X30食品廃棄物削減イニシアティブ」日本プロジェクトはこの連携を明確化し、食品廃棄物削減の取り組みを加速するもの。

【イオン株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース