EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
イオン環境財団、千葉市の「さくらの名所百選」で植樹を... 
次の記事へ
 件数:3008件
 カテゴリ「環境一般」
 
 6-13件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.11.17  情報源 | 企業  カテゴリ | 環境一般 >> CSR
イオン環境財団、千葉市の「さくらの名所百選」で植樹を実施、野鳥の森再生へ
 環境活動と環境団体への支援を行う公益財団法人イオン環境財団(理事長・岡田卓也イオン名誉会長)は、千葉市若葉区で「千葉市植樹」を11月25日に実施する。市民が自然と触れあえる野鳥の森の再生に向け、「日本のさくら名所百選」に選定されている「泉自然公園」で同市とともに開催し、サクラをはじめ9000本の木を植える。

 イオン環境財団は千葉市と「千葉市における森林整備に関する協定」を2016年2月に結び、3年計画で植樹を進めている。1回目は同年5月に、若葉区にある農村部の自然の中で農業体験を行う拠点「富田都市農業交流センター」で、1200人のボランティアと8000本の広葉樹の苗木を植えた。2回目の今回は同区の泉自然公園を対象にする。

 泉自然公園は千葉市の中心部から東南東約11kmに位置し、森林、草原、水辺など多様な自然環境がある。四季を通じてさまざまな自然の風景が楽しめ、多くの野鳥が観察できる。一方、多くのスギが溝腐れ病によって倒木の危険性が高くなっていたことから、植樹することにした。同病は幹部分に縦長の溝ができ、そこから腐っていく。

 植樹には800人のボランティアが参加し、0.96haの面積にクヌギ、コナラ、サクラなど21種類を植樹する。千葉市の市長も出席を予定している。イオンは千葉市の美浜区に本社を置き、イオン環境財団は千葉県でこの千葉市植樹のほか、浦安市で2013〜2015年に植樹活動を展開し、計2100人のボランティアと計1万8000本の苗木を植えた。

【公益財団法人イオン環境財団】

記事に含まれる環境用語 |
自然公園
都市農業
風景
プレスリリース |
http://www.aeon.info/news/2017_2/pdf/171117R_1.pdf

ページトップへ