EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ロンドン、市民の95%近くがWHOの大気質基準を50%以上超...
次の記事へ
 件数:994件
 カテゴリ「大気環境」
 
 27-34件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.10.04  情報源 |  カテゴリ | 大気環境 >> 大気汚染
ロンドン、市民の95%近くがWHOの大気質基準を50%以上超過する地域に居住していると報告
 国連環境計画(UNEP)によると、ロンドンのサディク・カーン市長はロンドンの全地域で微小粒子状物質(PM2.5)濃度がWHO基準を超過していると報告した。また、790万人(市民の95%近く)がWHO基準を50%以上超過する地域に居住しているという。イギリスではPM2.5によって毎年2万9000件の早死が発生している。ロンドンで観測されるPM2.5の約半分は市外で発生している。ロンドン市内の主なPM2.5発生源はタイヤやブレーキの摩擦、建設、木材燃焼だという。市長は2030年までにWHO基準まで汚染濃度を削減する取り組みを約束した。車両からの排出を削減する一連の措置を導入し、建設現場からの排出に対処するほか、使うべき燃料の種類に関する教育を改善して木材燃焼からの排出を削減するという。市長は、WHOやUNEPが主催するBreathe Life連合に参加し、世界中の都市と大気質改善で協力することも表明した。【国連環境計画
記事に含まれる環境用語 |
PM2.5
国連環境計画
プレスリリース |
http://www.unep.org/newscentre/revealed-every-londoner-exposed-dangerous-toxic-air-particles

ページトップへ