一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

平成30年度東京湾環境一斉調査 調査結果の公表

【発表日】 2019.03.28 【情報源】 環境省 【水・土壌環境 その他(水・土壌環境)

 環境省は、平成30年度東京湾環境一斉調査の調査結果を取りまとめ公表した。
 今年度は、民間企業、団体、研究機関など、169機関が参加した。
 
 水質調査は、平成30年8月1日に実施され、169機関が参加、649地点を調査した。その結果、羽田沖から対岸に至るまでの広い範囲で、3 mg/L以下の貧酸素水塊が観測された。
 
 生物調査は、平成30年5月から10月に実施され、16機関が参加した。干潟での調査において、13綱78種の生物を確認した。
 
 環境啓発活動等のイベントは、平成30年5月から11月に実施され、18機関が参加した。水質改善等に関する普及啓発活動を含むイベントにおいて、ごみ拾い、海水浴体験等を実施した。
 
【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース