一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

農林水産省、平成30年度農薬の使用に伴う事故及び被害の発生状況について公表

水・土壌環境 その他(水・土壌環境)】 【掲載日】2020.06.25 【情報源】農林水産省/2020.05.29 発表

 農林水産省は、厚生労働省と連携して、毎年、農薬事故や被害の実態調査を実施している。
 農薬事故や被害の発生状況を把握することで、より効果的な再発防止策の指導を通じて事故及び被害を防止することが目的。

 今回、平成30年4月から平成31年3月までに発生した農薬による人の中毒事故、農作物・家畜等の被害を対象とし、全都道府県からの情報を取りまとめ公表した。

 調査の結果、農薬の使用に伴う人に対する事故は、前年度の21件に対し、25件であった。また、農作物や魚類の被害は、前年度の16件に対し、12件であった。

 農林水産省は、今回の調査結果を全都道府県に送付し、これらの事故等を防止するための指導を徹底するよう依頼した。
 今後も再発防止に向けて、引き続き農薬の適正使用の推進に取り組み、同調査は、令和元年(2019)度以降も引き続き実施していくとのこと。

 詳細はプレスリリース参照。

【農林水産省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

プレスリリース