EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカエネルギー省、炭素回収技術の研究開発プロジェ... 
次の記事へ
 件数:1436件
 カテゴリ「エネルギー」
 
 34-41件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.10.17  情報源 |  カテゴリ | エネルギー >> その他(エネルギー)
アメリカエネルギー省、炭素回収技術の研究開発プロジェクトに2600万ドルを拠出
 アメリカエネルギー省(DOE)は、炭素回収技術の研究開発を行う費用分担型のプロジェクトに、連邦助成金として最大2600万ドルを拠出すると発表した。この助成は、DOEの炭素回収プログラムの一環として、石炭または天然ガスの火力発電部門で実施するCO2回収のコストとエネルギーペナルティ(CO2回収で必要となるエネルギー増加分)の大幅削減の実証を目指すプロジェクトが対象となる。重点分野として、CO2吸収能力や経済性のすぐれた先進的な材料とプロセスの開発・検証、および先進的炭素回収技術に伴う課題を解決する新技術のベンチスケールでの研究開発などが挙げられている。対象プロジェクトは現在募集中で、DOEは最大で14件のプロジェクトを想定している。プロジェクトの管理はDOEの国立エネルギー技術研究所(NETL)が担当する。【アメリカエネルギー省】
プレスリリース |
https://energy.gov/articles/department-energy-announces-26-million-funding-opportunity-transformational-carbon-capture

ページトップへ