EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
環境省、第1回G20資源効率性対話の結果を公表     
次の記事へ
 件数:4695件
 カテゴリ「エネルギー」
 
 69-76件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.11.30  情報源 | 環境省  カテゴリ | エネルギー >> その他(エネルギー)
環境省、第1回G20資源効率性対話の結果を公表
 ドイツ・ベルリンで、11月27日及び28日に「G20資源効率性対話」設立総会が開催された。
 【G20資源効率性対話】
  2017年7月にドイツで開催されたG20ハンブルクサミットの首脳宣言で設立が合意されたもの。
  ライフサイクル全体にわたる天然資源利用の効率性、持続可能性の向上や持続可能な消費生産形態の促進に向け、G20各国間のグッド・プラクティスや各国の経験を共有することとしている。

 日本は、閣僚級セッションの基調講演で、G20全体で共通の価値観を共有すること、循環型社会形成推進基本計画を改定中であること、2019年のG20日本開催に向けて貢献していくこと等を発表した。

 
【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
循環型社会形成推進基本計画
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/104830.html

ページトップへ